ようこそ、学びの作業所 チャレンジキャンパス さっぽろ

劇団HASCAP

設立経緯

2016年に知的障がいを持つ青年たちが、日頃苦手なコミュニケーションを学習する場として、又自分たちを自分らしく表現する場として演劇を学びたいと金田一仁志先生にお願いして「演劇」プログラムが始まりました。

名称

Handicap   ハンディキャップを持つ
Artist     アーティストたちが
Sapporo    札幌で
Challenge   チャレンジする
ArtProject   アートプロジェクト
                   金田一仁志先生が命名

構成

劇団員   チャレンジキャンパスさっぽろ、あとりえCの学生
スタッフ  事業所の支援員、ボランティア
指導・演出 金田一仁志先生

活動の目的

1.知的障がいを持っている自分たちが自分らしく表現する。
2.苦手なことにもチャレンジする意欲を持つこと
3.公演や活動を通して社会参加すること
4.活動を通して達成感を得、自信を持ち自分自身を認められること

活動

活動は事業所のプログラムに組み込まれている週一回の「演劇」(90分)での練習が主な活動となっています。

定期公演
2017. 3 第1回 「三年峠」(公演時間 15分)
2018. 3 第2回 「野良犬たちのブルース」(公演時間 40分)
2018.12 第3回 「おぉーい!ともだち!!」(公演時間 60分)
2019.12 第4回 「おぉーい!ともだち!!」(公演時間 60分)

おしらせ

定期公演終了のお知らせ

第4回定期公演「おぉーい!ともだち!!」が2019年12月28日(土)に開催されました。275名という大勢のお客様に来場いただき、誠にありがとうございました。学生たちも厳しい練習を積み重ねてきましたが皆様の大きな拍手やねぎらいの言葉を受け大きな達成感を得ることができました。次回公演に向けて練習を積み重ねて参りますのでよろしくお願いいたします。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional